ははのて整体院 これが、自宅で整体を始めた時決めた屋号でした。
はじめて勉強したところが、手力塾というところだったから 「手」の文字を使いたかった。
辛くて、うちにたどり着いた患者さまに対して上から目線でなく、母のように寄り添いたかった。
そして、母のように厳しくもありたかった。

そして、スタートした整体業・・・「院って何?」
「私は、院と名乗れるほどの経験を積んでいたっけ?」
そんな???が溜っていった。
そんなこんなで 届けを出す際には、屋号から「院」をはずしました。
いろいろありましたが、秦野の西大竹の自宅サロンで整体を続けてまいりました。

そして9年が過ぎて…今私が思うのは
カラダの不調は、施術する側だけの問題だけでなく
当人が変わらなければ(日常を変えなければ)戻る。
整体師の仕事のひとつは、患者さまのやる気を引き出すことだ。とも思っています。
ストレッチすれば、良くなるものでも
トレーニングすれば、良くなるものでもない。
楽しい事を探せる元気のある人になってもらうことなのではと考えます。
昨年は、収穫体験や ボイスワークや草木染めなど体験してもらったり・・・
おかげで、いろいろな事を楽しんでる方たちと出会うことができました。

整体・・・カラダを整える。ココロもカラダの一部でしょう。

ココロが不安定なのにカラダは絶好調なんて人はいません。
その逆もないのでしょう・・・

施術をする際には、母のように患者さまと向き合う気持ちは変わっていません。
カラダの不調から此処を選んでくださった方には、実は自分を変えることが近道だということを知って頂きたい。そのためのサポートすることが、実は整体師のすべきことのいちばんではないのかしら。

たくさんの方たちとの出会いの中で、その方々の力を借りる事も有りと思っています。
それと好きなことを懸命に頑張っている方たちの力になることも
それは、ほんとにささやかな力なんですが・・・

そんな思いが屋号を変える決心へと繋がりました。
今後とも どうぞよろしくお願いいたします。

                             

06290001